×

CATEGORY

HOME»  めだかについて

めだかについて

めだかの魅力

めだかは日本固有の魚です。

水蓮鉢や水槽等の、水が張れるものであればすぐに飼育できます。
また、様々な種類の中から選んだご自身好みのめだかが泳ぐ愛らしさはとても魅力的です。そんな手軽さや愛らしさが、めだかの魅力です。

シンプルだからこそ、こだわることも出来きますので、
ぜひとも和の趣を感じながら楽しんで飼育していただきたいと思います。

めだかについて

めだかは日本に生息する体長が4cmぐらいの小さい淡水魚です。
めだかは川の流れの緩やかな小川や水路に生息しており、田んぼにも生息しています。
日本に昔から生息している種類はクロメダカですが、住処が減り、数が激減して絶滅危惧種に指定されています。その他、背中が光るヒカリメダカ、目が赤いアルビノメダカ、光の当たり方で青く見える青メダカ、体が朱色の楊貴妃、突然変異で生まれるダルマメダカなど変わった種類もございます。様々な種類の中から選んだご自身好みのメダカが泳ぐ愛らしさはとても魅力的です。そんな手軽さや愛らしさが、メダカの魅力です。

めだかについて

めだかは、癒される事と稚魚を育てることが楽しみです
餌は、自然界では雑食です。飼う時は市販のエサで十分ですが、最近は、活ゾウリムシや活ミジンコを与えることが、ブームになって来ており、稚魚の生存率や成長にいい結果を出しているようです。
めだかの寿命は短く、環境にもよりますが2年半~3年位と言われています。寿命は短いですが、卵を春から秋にかけてよく生み、その数は凡そ1000個と言われております。
 

 めだかについて

めだかの快適水温は20~26℃程度です。生存できる温度は1.5~38度。18~20℃以上になると産卵開始水温となり卵を産み始めます。
めだかは変温動物で、体温は水温に対応するので13℃以下で動きが鈍くなり、冬は5度前後の水の中では、じっとして動かず、3~2℃で弱り、1℃以下(槽全体)で死にます。
屋外水槽の場合表面が凍っても、底部3℃以上を保てれば大丈夫です。
水面が凍結してもメダカは水底でじっとして寒さを凌ぐ力を持っています。
めだかの飼育について、ご不明点などあればお気軽にご相談ください。
様々な種類の中から選んだご自身好みのメダカが泳ぐ愛らしさはとても魅力的です、ぜひとも和の趣を感じながら楽しんで飼育していただきたいと思います。

店舗案内

店舗案内

メダカは日本固有の魚です。


最寄へお越しの際は是非お立ち寄りください。

〒355-0077
埼玉県東松山市上唐子1398
Tel: 080-5477-1369

CATEGORY

INFORMATION